結婚祝いや引き出物ギフトについて

ギフト

okurimono

ギフトとは英語で「GIFT」と表記され、贈り物という意味のある単語です。
日本でも贈り物という意味でギフトが日常的に使用されています。

日本では、ギフトと同じようにプレゼントという言葉も使用されますが、ギフトの方がより堅い意味になることが多いです。
引き出物やお中元などの場合には、ギフトと表現されることも多いですが、親しい人への誕生日などの贈り物の場合にはプレゼントと言われることが多いです。
これはアメリカでも同じような解釈がされていて、ギフトは贈答品、プレゼントは家族や友達への贈り物などとして使い分けられています。

歴史

rekishi

日本におけるギフトの歴史は、正確には分かっていないことも多いのですが、発祥については様々な由来があります。
ギフトと言ってもどんな場面で贈るのかによって異なりますから、贈る場面によっても歴史が異なります。
どの場面での贈り物が一番始めになされたのかは不明ですが、神様に対するお供え物がその発症の元となったという説が有名です。
昔から日本では、神様にお供え物をするという習慣がありました。その習慣が変化して今では様々な場面でギフトを贈ることになったという説です。

また、バレンタインデーやクリスマスなどは、昔からの日本の伝統というわけではなく、商業目的で生まれたギフトだとも言われています。
海外での習慣を日本に持ち込み、ケーキやチョコレートなどの関連品の売上を増加させるために広められたのです。

マナー

ギフトとは、単に物を贈るというだけではなくて、そこには様々なマナーも存在しています。
特にお中元やお歳暮などを贈る場合にはのし紙を付けたりする必要があります。
贈る時期なども適切な時期が決められていたり、金額もある程度適正な額がマナーとして定められています。

また、贈る側だけではなく、受け取る側にもマナーがあります。
慶事などでお祝いを頂いた場合には、内祝いとしてお返しをすることが一般的です。
その場合にも期間や金額などのマナーが定められています。


オススメリンク

退職祝いを送るならここで選びましょう!:グラッチェ